UIを反転させる方法

iPhoneのユーザーインターフェイスは白をベースにしています。そのため、非常に鮮やかで明るい印象があるのが特徴です。しかし、夜中に起きて画面を確認する際などにはあまりの眩しさに目が眩んだという経験をした人も多いのではないのでしょうか。急な眩しい光は目にあまり良くありませんし、せっかくの眠気も飛んでしまう可能性もあります。

もしも白いユーザーインターフェイスが苦手だという人は色を反転させることができます。設定アプリの一般からアクセシビリティに飛んで、そこからディスプレイ調整を押しましょう。そこに色を反転という項目があるので、その中の反転(スマート)をオンにすれば、目に優しい色が抑えられた画面になるのです。このことにより、白が基調だった背景が黒に変わるので、急激な眩しさを防ぎます。他の色も明度と彩度が抑えられるため安心です。

このダークモード設定ですが、スクリーンショットを使用する場合にだけ注意してください。全ての色が反転してしまいます。そのため、スクリーンショットを撮影したいときには、その機能をオフにしておきましょう。また、簡単にオンオフをするには設定アプリからアクセシビリティをショートカットできるので簡単です。

Copyright © iPhoneの知られざる秘密とは! All rights reserved.